舌が痛い……。

昨日処方されたロキソニンが殆ど効かなくなり、以前の手術の際にもらったボルタレンが比較的効いたので、内科でボルタレンを処方して貰いました。
しかし効果があったのは最初だけで、今はボルタレンを飲んでも舌の口内炎が超絶痛いです。今日も一日、素麺とエンシュアで生きています。

さて、今朝届いたIBMのミニPC、やっとセッティングが終わり、今はシステムを構築しています。面倒だったのでメモリはデフォルトの4GBのまま。ストレージも500GBのHDDのまま使っています。流石にSSDの速さに慣れているのでHDDはかなり遅く感じますが、腐ってもCore i5、そこそこの処理速度は維持してくれています。これがATOMやCeleronだったら、絶対に投げ出しているところですが。

Office365とVisualStudioのインストールをしている最中に、この記事を書いています。VS2017は50GBを超える容量をダウンロードしてインストールするので、メインマシンで作業してもかなりの時間がかかります。一応メインマシンと同じアプリをインストールしておこうと思っています。

このミニPC、VRAMはどれだけ搭載しているかわかりませんが、4K出力に対応しているようで、27インチの4Kモニタで4K表示されています。5年前のPCに4K出力なんて有ったかなぁ?なんて考えているのですが、実際に目の前で4K表示されているので……。

しかし本体裏に貼り付けられているWindows10ProのCOAシール、スクラッチ加工がされていたので削るのに緊張しました。何でも強くこすりすぎてプロダクトキーが読めなくなるという悲惨な事故が続発しているらしく、Microsoftはそれに関しては全面的にユーザーの責任としているので、再発行も受けられずに折角のWindows10がゴミと化している事例が紹介されている記事を読みましたので……。不正対策なんでしょうけど、これは最悪の方法だと思います。
そして隣にはWindows7ProのCOAも貼られていたので、元々はWindows7ベースのPCだったんだぁと思います。

今思い出しましたが、真っ新な状態でリカバリディスクを作成するのを忘れていました。今からでも付属のツールで作成できるのかな?

工場リファビュッシュの製品だけ有って、本体には傷一つない真っ新な状態でした。もっと傷だらけの物を想像していましたが、リフレッシュドPCのステッカーが無ければ、新品と言われてもわからないくらいの物でした。これだけ綺麗だと使っていても気持ちがいいですね。良い買い物をしました。メモリは最大16GBまで搭載できるそうなので、オクかショップの在庫処分で安価な製品を見つけてメモリMAXにしたいと思います。それだけで相当速いマシンに化けると思われます。一世代前のDDR3なので、早くしないと逆にプレミアがついて高くなってしまいますが……。

午後11時21分

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です