今年はプログラミングに注力。

司法書士試験も今月第一日曜日に終わり、手応えのなかった人は来年に向けて猛勉強を始めている頃合いだと思います。今年は民法・刑法の大改定があり、来年度の試験では改正後の法律を問われると思います。従って、豚は一年間様子見をして、今年(7~6月)はプログラミングに注力したいと思います。

今、古巣の採用ページを読んでいたら、年齢35歳まででJavaとC++でコードを書ける人の採用のみに限られていました。別に古巣へ戻るつもりはありませんが、年齢35歳迄と言うのはどうしようも無いのですが、未だエンジニアに求められているのはC++とJAVAなんだと言う事がわかり、これから一年掛けてこれらの処理系のスキルアップに励もうと思いました。勿論、46歳という年齢を考えれば、IT企業のどこも相手にしてくれるとは思っていません。シェウェア作家として生きて行くにも、最低限C++、Java、Pythonの知識は必要なんだと思い、習得する思いに至りました。C系統に関しては、もっと深く、アルゴリズムを中心に学習していければと思っています。それには実践が一番で、「ドラクエ移植プロジェクト」を再開させる事にしました。JavaとPytuonは未経験の言語なので、それぞれ初歩から学んでいこうと思って居ます。

特にCは、完全我流な所も多いので、先ずはカタを学んで行きたいと思います。幸いアルゴリズム辞典なども手元にあるので、それらを使いつつ応用していく形で学んでいればと思います。
今朝まで軌跡シリーズの「閃の軌跡」「閃の軌跡Ⅱ」をプレイしていて、プログラミングに割ける時間はありませんでしたので、プレイを終了した今日からはプログラミングに重点を置いて、勉強していく所存です。

社会復帰後に、どこか場末のソフトハウスでも拾って貰えるように、最低限の知識は持っておこうと思います。

午前8時06分

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です