やっと自転車解禁。

今日は通院日で、瓢箪山の若草第一病院へ行って来ました。先生に診て貰ったところ、ほぼ綺麗に治っているとの事で、自転車もOK、次回診察は2ヶ月後でそれが最後の診察になるだろうとの事でした。
カルテに貼ってあった切除した部分の写真を見せて貰いましたが、自分の体内にあんなに大きな腐った肉塊があったのかと驚きました。先生は「表面に出ていたのはほんの小さな腫瘍だったけど、開けてみたらこれだけ酷くなっていたんですよ。」と仰って居ました。それで手術の予定時間を大きく超える2時間強もの時間がかかったんだなぁと、今になって納得しました。
もう薬も塗布する必要も無く、念のために痛み止めだけ処方して貰いました。
ただ、括約筋を一部切除したため、便は我慢できても「おなら」は我慢できるまであと2ヶ月はかかるだろうとの事。括約筋がカチカチの状態なので、それが元の柔軟性を取り戻すのに時間がかかるとの事でした。

過去の入院は、交通事故だったり自殺未遂だったりで不本意な入院ばかりでしたが、意図して入院・手術を受けたのは初めてです。若草第一病院、前評判は悪かったので覚悟して居ましたが、看護師さんは丁寧で主治医の先生もとても優しく良い先生でした。食事も本当に美味しかったし、この先生と病院を紹介して下さった、八戸ノ里の「くろおかクリニック」の院長先生には本当に感謝しています。

さて、外科的な病気は良くなりましたが、頭(心か?)の病気は一進一退を繰り返しています。今日も疲れたせいか、かなり心も重いです。今日は早めに休んで、明日への英気を養いたいと思います。

午後9時33分