一日目終了。

キッチンの段ボールがかなり片付いて、部屋が広くなりました。でも、もっと強烈な和室や、更に強力な二階の納戸は手付かずなので、終わるまでに十日くらいかかる予定です。二階は完全に腐海に没しているので、上がってきて貰うには廊下の片付けからしなければなりません。あぁ、気が重いなぁ。今日も正気を保つのに、安定剤を10錠飲みました。それでもドギマギとして落ち着かなかったのに、主な私の居所で有る二階には上がってきて欲しくないですね。でも段ボールを一人で下ろすのは無理!
背に腹は代えられないか……。

知り合いの方が……。

母が豚の知らない間に、知人に豚の家の段ボール整理を頼んだらしく、突然やってきて今、階下の段ボールの整理をしています。
二階の段ボールも下ろせとのことですが、とても一人で下ろせる量では無く、また下ろしても階下に置くだけのスペースは無いので、取り敢えずはキッチンとリビング・和室の段ボール整理だけして貰っています。が、当分のあいだ毎日来るらしく、豚の心の中は物凄く不安定です。
一人で処理できる量では無いので有りがたいのですが、自分の領域に他人が入るのは物凄く嫌です。それが家族で有っても耐えられないのに、他人となると余計に……。しかも母と知人は呆れかえって私のことを色々と話しながら作業しているので、何だか悪口を言われているようで嫌です。
今、凄い鬱の大波に襲われています。

タクシー代が……。

若草第一病院へ退院後初めて診察に行ってきました。順調に回復しているとのことで、便に血が混じるのは、敢えて縫合せずに排膿させるための所からの出血で、心配は要らないそうでした。また2週間後に行くのですが、その頃には痛みもだいぶましになっているだろうとのこと。消毒しして貰い、薬を処方して貰って帰ってきました。
診察費が480円。薬が1090円。タクシーが6000円……。括約筋が復活したら便漏れ等の恐れも無くなるので、電車と徒歩で通院できるのに。今は万が一のことを恐れて、公共交通機関(広義ではタクシーもそうだけど)は怖くてまだ使えません。自転車も当然禁止なので、スーパーへ行くにも自転車を押して(重い荷物を載せるため)、徒歩で出かけています。まだ椅子にも長時間座ってられないし、鬱に輪を掛けて憂鬱です……。

本当に躁鬱だろうか……?

躁鬱病の人は大体2~3日の間躁状態が続き、また鬱状態が長く続くと言われています。しかし豚の場合は躁状態が長くて1日、短くて数時間の間だけまるでリタリンを飲んだときのように気分が高揚し、無茶をしてしまいます。
先生に聞いたときは「そんな人も居る」との事でしたが……。しかし、圧倒的に鬱状態が多く、ここ最近は特に落ち込みが酷くなってきています。今も鬱の小波が打ち寄せているのですが、このブログを作成したときは非常に気分が高揚していました。少ししか残って居なかった燃料を使い果たしてしまった状態です。
でもこれだけ大きな気分の変調があるって事は、やっぱり躁鬱なんだろうなぁ……。

明日(もう今日ですが)は通院日です。瓢箪山の病院まで行かなくてはなりません。退院して一週間半になるのに、未だ出血と排膿は続き、浸透液もかなり分泌されてナプキンもオムツも汚れます。オムツは一日2回、ナプキンは気が付いたときに随時交換しています。
痛み止めも昨日で無くなってしまいました。Amazonで痛み止めが買えるようになったと聞いて、喜び勇んで申し込みましたが、薬剤師から電話があり「主治医の許可を貰ってからで無いと、お売りできません」と断られてしまいました。
病院へはまだ電車で行くのは無理なので、タクシーで行く事になります。往復6千円……。強烈に痛いです。次は多分GW前だろうなぁ……。